摂取の注意点

オリゴ糖を摂取しても便秘に効果が無いというケースの場合、以下に記す2つのポイントでチェックしてみると良いでしょう。1つ目は善玉菌の好みと合わないということです。オリゴ糖の量や種類がご自身の腸に合っていない場合、思うような効果を得ることが難しいです。腸内に棲息する菌の種類や数には個人差があります。オリゴ糖にもいろいろな種類があり、また善玉菌にもいろいろな種類があります。善玉菌であればなんでも食べるというわけではなく、善玉菌の種類によって好むオリゴ糖も異なるのです。ですので、便秘効果を期待してオリゴ糖を摂取する場合、自分の腸内に棲む善玉菌の好みに合ったオリゴ糖を選ぶごとが大切なのです。また、オリゴ糖摂取の量も適量でなければなりません。摂取量が多すぎると下痢になりやすく、少なすぎる場合には効果を実感できないでしょう。ですからまずは少量から試して、効果を確認しなが少しずつ増量していくことをおすすめします。

2つ目はオリゴ糖の摂取方法に問題がある場合です。善玉菌が強くなったとしても、それにつれて悪玉菌も強くなっていくのです。ずっと同じサイクルでオリゴ糖を摂取していると悪玉菌も強くなるので効果が減少してきてしまいます。ですので摂取のサイクルを変えてみるなどの工夫をしてオリゴ糖の摂取をしていくことが、効果を得続けるためには必要なのです。

オリゴ糖を摂ろう

オリゴとはギリシア語で少ないことを意味し、少糖類とも呼ばれます。オリゴ糖というと便秘の予防などに効果があるというイメージを持っている方も多いと思いますが、オリゴ糖が便秘を解消するメカニズムをちゃんと知っているという方は少ないかもしれません。オリゴ糖が便秘を解消するメカニズムとしては主に2つあり、1つめはその整腸作用にあります。腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が住んでいます。善玉菌は腸内環境を整える作用があり、悪玉菌は腸内環境を壊す作用があります。日和見菌は善玉菌、悪玉菌のうち優勢な方の味方をします。この腸内における善玉菌、悪玉菌の勢力争いにおいて善玉菌が優勢な場合、それは腸内環境が整っている状態であると言えます。オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、善玉菌の勢力を優勢にします。そうすることで結果的に腸のぜん動運動を活発にするのです。

2つめはオリゴ糖自体が消化されずに腸まで届き、水分を移動することで便のかさ増しとなり、排便サイクルが早くなることで便秘に効くという結果につながります。これらをまとめると、善玉菌は腸内で消化、吸収されずに大腸まで届き、善玉菌のエサになり、それが腸の健康につながるということになります。

オリゴ糖と便秘予防

便秘について長年悩まされているという方も多くいらっしゃるかと思います。便秘と言っても人それぞれその捉え方は違うでしょう。たまに便秘であると感じるが、すぐに改善するので深刻に考えたことがないという方もいらっしゃれば、長年に渡り、長期的な便秘症状を患っているのでなんとか治したいと真剣に症状の改善に取り組んでいるといった方もいらっしゃるでしょう。便秘対策として、有名なのはオリゴ糖です。ヨーグルトのCMなどでもよくその名前は聞きますし、実際にそのようなオリゴ糖配合のヨーグルトを食べているという方も多いでしょう。ですが、オリゴ糖を摂取していても、オリゴ糖について詳しく知っているという方はあまり多くないのかもしれません。

オリゴ糖は一般的に単糖が2個から数十個つながった糖類の一種の総称のことを言い、オリゴ糖の多くは二糖類です。オリゴ糖は善玉菌のエサとなるので、腸内の善玉菌の数を増やし、健康な腸内環境をつくることを助ける効果が期待できるのです。オリゴ糖はそのような善玉菌を増やすことだけに有効なわけではなく、便のかさ増しに対しても有効に働いてくれるため便秘に効くと言われています。いま現在オリゴ糖を摂取しているけどあまり効果を実感出来ないという方もなかにはいらっしゃるかもしれませんが、それはいったい何故効かないのか、そして、オリゴ糖の効果を実感し、そして継続させていくためにはどうすればいいのか、それらの部分について知っておくことは便秘予防の対策にとってとても大切です。当サイトではオリゴ糖と便秘予防について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。